[PR 広告]

[PR] 男の子を希望するママに必須のサプリ!

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。

やればやるだけできるようになる

世の中には簡単と言う言葉がありますけど、最初から簡単にできるのであれば誰も苦労をすることはありません。結局は簡単になるまでの過程に慣れているかどうかが大切なわけです。つまり世の中に簡単なことなどはありません。それは機会的なものであれば簡単かもしれませんが自分でやるのとは違います。英語もそうです。簡単な覚え方はありません。できるようになるためにはひたすら練習を繰り返すことがとても大切になるのです。練習をすればするほどできるようになるのが英語なのです。なので最初から諦めないでひたすら練習をしてみてください。いずれ成果をしっかりと出すことができるようになるはずです。その成果は個人差があるのでいつ反映をされるかは分からないかもしれません。英語に不安になる方もいるかもしれませんが結果は必ずでますから安心をしてください。やるだけできるようになるはずですから。

英語脳を作る教材は存在するのか?

英語脳というものがあります。ネイティブスピーカーは当たり前ですが、みな英語脳を持っています。この英語脳はどのように表現すればいいのか、とても難しいものです。感覚的な要素が強いので、これにピッタリな言葉がなかなか思い当たりません。似た言葉に英語耳というものがありますが、これは耳の話であって、脳となればそれよりも話が大きくなります。つまり英語耳は英語脳に包括されると思っています。とは言っても、こんな定義はたぶんほとんどの人が興味がないわけで、興味があるのはどうすれば英語脳を作れるかということでしょう。そこでいよいよ本題に入ることになりますが、やはりこれには英語に対する慣れが不可欠のようです。英語に接している時間が長ければ長いほど、英語脳になっていくとしかいいようがないようです。私なりに調査をした結果がこれで、もし英語教材で英語脳を作るものはと聞かれれば現状、これと言った回答がないです。一番有力な話として、私が調査した中ではいかのソースがもっとも信ぴょう性が高いと思います。
http://xn--u9jwc972kl1t0m5apgc95t.com/

 

私が体験済なわけではないので参考までにお願いします。


高いのは当たり前

英会話教材を買おうと思ったのに買わなかったときの理由を調べてみました。

その理由の第一位は値段です。

買おうと考えて買おうとしたら値段が想定よりも高かった、ということです。

実際に英会話教材は下限値を見ても2万円くらいします。

そしてスピードラーニングですが、上限値の20万円です。

これはかなりの高価格と言えます。

しかし、これを表面上の価格だけで高い安いを判断するのはちょっと違うと思います。

問題はその教材が価値を持っているかどうかです。

仮に10万円する英会話教材があったとしてもそれで英語が話せるようになればすごく安いものだと思います。

逆に10万円の教材を買ったのに使わなかったとなるとその教材の価格はとても高いものになります。

問題はその教材からどれだけの価値を引き出せるかではないでしょうか。

仮にいくらする英会話教材であったとしても英語が話せるようになればそれは安いものです。

英語が話せるようになる見込みで作られている英会話教材が高いのは当たり前の話です。

そこを高いだどうだと文句を言ううちはまだまだ英語の勉強をする資格すら持っていないと言いたいです。


購入前にはよく確認を

英会話教材という商売であり産業である、だから多少の誇大広告でも仕方がない、こんな優しい発言をしてくれる人はなかなかいないものです。教材の販売側はあたかもそれを使えばすぐに英語が話せるようになるようなことをふっかけてきます。しかし、実際に使ってみて分かることはそんなことはないということです。やはり騙されたという表現をしたくなるのは分かりますが、詐欺と同じで少なからず騙された方にも問題があるものだと思っています。それぞれの教材が商品の特徴を述べています。その特徴を見て、本当にそれが現実的に起こりうる話なのかということをチェックするべきです。冷静になって痛いところをついてあげればそれが嘘だなんてことがすぐに分かってしまったりするものです。今まで100万人が受講!!なんて言って、多くの人が使っているから安心でしょとも思うのですが、これも冷静になって考えれば100万人も受けているのにそんなに英語が話せる人っていないよねという結論にいたってしまうわけです。買う前には冷静になることです。自分のお金をつかわけですから無駄づかいはしたくないですよね。


私は中古品は嫌い

英会話教材や英語教材をいざ買おうと思うとけっこう値段がするものです。基本的にこのような学問に対するものは何にしてもお金が相対的に高くつくものです。例えば食事やおもちゃなどであれば食べてしまえば終わり、使ってしまえば終わりですが、このように教育に関連したものは使ったときがはじまりになり、長期にわたってその恩恵を受けることができるため、価格がちょっと高く設定されていると感じます。ということで安くしようと思い、中古品にはしる人もいるようですが、私はそれは良くないと思います。中古品というのは誰かが手放したものであって、その人がすでに不要と判断をしたからだと言えます。こんな教材を次に使うのはちょっと気持ち的にも乗らないものです。だから私は中古品というのは好んで使っていません。気持ちの問題だけですが、気持よく英語を学びたいものです。確かに中古品は新品と比較をすれば安いですが、ここはお金を惜しむところではないと思っています。自分がファーストユーザーである、これがもっとも気持ちの良いことです。


プロフィール

Author:バインド
英会話教材について自分の経験から何を気をつけて選べばよいのかを書いています。英語はダイスキ、よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

 X 閉じる