[PR 広告]

私は中古品は嫌い

英会話教材や英語教材をいざ買おうと思うとけっこう値段がするものです。基本的にこのような学問に対するものは何にしてもお金が相対的に高くつくものです。例えば食事やおもちゃなどであれば食べてしまえば終わり、使ってしまえば終わりですが、このように教育に関連したものは使ったときがはじまりになり、長期にわたってその恩恵を受けることができるため、価格がちょっと高く設定されていると感じます。ということで安くしようと思い、中古品にはしる人もいるようですが、私はそれは良くないと思います。中古品というのは誰かが手放したものであって、その人がすでに不要と判断をしたからだと言えます。こんな教材を次に使うのはちょっと気持ち的にも乗らないものです。だから私は中古品というのは好んで使っていません。気持ちの問題だけですが、気持よく英語を学びたいものです。確かに中古品は新品と比較をすれば安いですが、ここはお金を惜しむところではないと思っています。自分がファーストユーザーである、これがもっとも気持ちの良いことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:バインド
英会話教材について自分の経験から何を気をつけて選べばよいのかを書いています。英語はダイスキ、よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

 X 閉じる