[PR 広告]

高いのは当たり前

英会話教材を買おうと思ったのに買わなかったときの理由を調べてみました。

その理由の第一位は値段です。

買おうと考えて買おうとしたら値段が想定よりも高かった、ということです。

実際に英会話教材は下限値を見ても2万円くらいします。

そしてスピードラーニングですが、上限値の20万円です。

これはかなりの高価格と言えます。

しかし、これを表面上の価格だけで高い安いを判断するのはちょっと違うと思います。

問題はその教材が価値を持っているかどうかです。

仮に10万円する英会話教材があったとしてもそれで英語が話せるようになればすごく安いものだと思います。

逆に10万円の教材を買ったのに使わなかったとなるとその教材の価格はとても高いものになります。

問題はその教材からどれだけの価値を引き出せるかではないでしょうか。

仮にいくらする英会話教材であったとしても英語が話せるようになればそれは安いものです。

英語が話せるようになる見込みで作られている英会話教材が高いのは当たり前の話です。

そこを高いだどうだと文句を言ううちはまだまだ英語の勉強をする資格すら持っていないと言いたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:バインド
英会話教材について自分の経験から何を気をつけて選べばよいのかを書いています。英語はダイスキ、よろしくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

 X 閉じる